みなさん、お疲れ様です!超音波検査士けんしんです。

今回は信号処理に関する問題です。それではさっそく問題をやっていきましょう!

~信号処理の問題~

対数増幅器

 大きな信号から小さな信号までを表示するため、信号を対数増幅する

 覚えよう
  6dB=(①)倍、-6dB=(②)倍、20dB=(③)倍、-20dB=(④)倍
 


ダイナミックレンジ

 ・・・表示できる入力信号の範囲
 ダイナミックレンジ広い→コントラストが(①)、(②)い画像

 ダイナミックレンジ狭い→コントラストが(③)、(④)い画像
 


ゲイン

 ・・・電圧などの増幅度(利得)
 ゲインを上げる→(①)い信号も表示、(②)い信号はギラつく

 ゲインを下げる→(③)い信号のみ表示、(④)い信号は表示されない
 


STC

 ・・・エコーの(①)に相当する時間に対して感度を調整する機能
 STC補正量(dB)=(②)
 


一気に勉強したいあなたに


①いちいちSNSを開くのは面倒くさい

②印刷して紙に出して勉強したい

③問題を編集して自分なりにアレンジしたい

、という方はnoteに記事とPDFを作成しています!

そちらを勉強に活用してみて下さい。


~信号処理の問題のノート~

(1)対数増幅器
 大きな信号から小さな信号までを表示するため、信号を対数増幅する

 覚えよう
  6dB=(2)倍、-6dB=(1/2)倍、20dB=(10)倍、-20dB=(1/10)倍

(2)ダイナミックレンジ・・・表示できる入力信号の範囲
 20230821_210150

 ダイナミックレンジ広い→コントラストが(つかない)、(軟らかい)画像

 ダイナミックレンジ狭い→コントラストが(つく)、(硬い)画像

(3)ゲイン・・・電圧などの増幅度(利得)
 ゲインを上げる→(弱)い信号も表示、(強)い信号はギラつく
 20230821_211715

 ゲインを下げる→(強)い信号のみ表示、(弱)い信号は表示されない
 20230821_211932

(4)STC・・・エコーの(伝搬距離・深度)に相当する時間に対して感度を調整する機能
 STC補正量(dB)=(減衰率×周波数MHz×往復距離cm)

~自己紹介~

超音波検査士けんしん
 平成元年生まれのゆとり世代の臨床検査技師。
 趣味は陸上短距離、読書、温泉、特撮(特に平成仮面ライダー)。

 仕事では超音波検査したり検体検査したり労働組合したりしています。

 2018年に2回の受験を経て超音波検査士認定試験(消化器)に合格。2度受験した経験から、知識を覚えるための勉強や症例レポートの作成には仕事をしながらだと時間が作れなくてかなり苦労しました。

 そういった経験からこれから超音波検査を勉強したり超音波検査士を受験したりする人が労力や時間をかけずに勉強できるようにと考え、自分が勉強した際のノートや問題、受験の際に提出した超音波検査実績、最近気になるトピックを公開しています。

 超音波検査ができる人が増えたり、超音波検査士取得を目指す人同士がつながれるブログになればいいなと考えています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット