こんにちはけんしんです。

今回から新たな取り組みとして初心者向けの腹部エコーのチェックリストを作ってみようと思います。
初心者が超音波検査を始める場合、悩むことといったらなんだと思いますか?

超音波検査を始めた時の悩み

初めて腹部超音波検査を始めた方は
・はじめて見たのは良いけど実際に何から始めたらいいかわからない。
・教科書を読んでも頭に入ってこない。教科書を頭に入れないとエコーはできないのか?

また、新人の指導する先輩技師の方は
・教えるの慣れていないから、何から教えればいいのかわからないよー!
・とりあえず撮って見せているけど、新人君は何がわかって何がわからないのかわからないよー!

などなど新しく始める人も新しく教える人もお互いどうすればいいのか悩むのではないでしょうか?

そういった悩める技師の皆さんのために腹部超音波検査をマスターするにあたりチェックリストを作成してみましたので印刷して活用していただければ嬉しいです。

腹部エコー研修チェックリスト

受付編

□患者情報(ID、名前、年齢)の入力を行う
□タオル・おしぼりの準備を行う
□患者基本票をセンターに取りに行く
□患者を呼び込む(フルネームで)
□患者に本人確認を行う

検査前編

□簡単な検査の説明ができる
□検査に必要な範囲の脱衣を促す
□痛い所・違和感がないか簡単な問診を行う
□食事をしていないかの確認を行う 尿を溜めているかの確認を行う。  
□尿が漏れそうな場合は膀胱周囲を優先する。

検査中編

□適量なエコーゼリーを塗布する
□患者の様子を見て呼吸の指示をできる
□患者の様子を見て体位変換の指示をできる
□見えにくい場合、圧迫して観察したい臓器の距離を近づける
□画面の調整  ゲインの調整を行い、見やすい画質に調整できる
□STCの調整を行い、見やすい画質に調整できる
□プローブの動き・握り  スピードは適切か?速すぎて見逃しはないか?
□握りすぎて力が入っていないか?
□細かな入射角度の調整と位置の固定はできるか?

観察の仕方編

□良い画像を取ることに気をとられていないか?
□観察しづらい部分にできる範囲観察できているか?
□不明な部分はダブルチェックしたか?

検査後編

□依頼医の依頼に沿った報告書を作成できるか
□前回の計測値のフォローはできているか?
□記録画像と報告書のデータが一致しているか?

以上が腹部エコー検査のチェックリストの基本部分です。活用していただけたら嬉しいです。
おすすめの使い方は教わる側用と教える側用と2枚準備して、それぞれチェックをしてもらってお互いに理解度のすり合わせを行っていくとより技術が身に付きやすくなると思います。ぜひ試してみてください。

今後は解剖編や画像編、疾患編などと作成していきますのでよろしくお願いいたします。

~自己紹介~

超音波検査士けんしん
 平成元年生まれのゆとり世代の臨床検査技師。
 趣味は陸上短距離、読書、温泉、特撮(特に平成仮面ライダー)。

 仕事では超音波検査したり検体検査したり労働組合したりしています。

 2018年に2回の受験を経て超音波検査士認定試験(消化器)に合格。2度受験した経験から、知識を覚えるための勉強や症例レポートの作成には仕事をしながらだと時間が作れなくてかなり苦労しました。

 そういった経験からこれから超音波検査を勉強したり超音波検査士を受験したりする人が労力や時間をかけずに勉強できるようにと考え、自分が勉強した際のノートや問題、受験の際に提出した超音波検査実績、最近気になるトピックを公開しています。

 超音波検査ができる人が増えたり、超音波検査士取得を目指す人同士がつながれるブログになればいいなと考えています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット