こんにちは、超音波検査士けんしんです。


今回は【肝内胆管癌・胆管細胞癌(胆管浸潤型)】の症例レポートのポイントを紹介していきます!

画像撮影のポイント

・境界不明瞭なて低~等エコー腫瘤を認める。

・胆管の途絶や末梢胆管の拡張を認める。

・肝門部の泣き別れ像を認める。

画像スケッチ例

20210108_141746


臨床の書き方のポイント

特徴 

 管状腺癌が主で、左右の肝管よりも上流に発生する病変

症状

 閉塞性黄疸

血液検査

 胆道系のALPやγGTP、ビリルビンの上昇を認める。
 腫瘍マーカーのCA19-9やCEAの上昇を認める。

造影超音波

 動脈相⇒辺縁リング状造影
 門脈相⇒辺縁造影、内部は低エコー
 後血管相⇒不完全欠損像

参考文献


超音波検査報告書の書き方 「おっ」と思わせる! 消化器

【送料無料】 超音波検査報告書の書き方 「おっ」と思わせる! 消化器 / 消化管 / 寺島茂 【本】

価格:4,620円
(2020/6/10 18:16時点)
感想(0件)


腹部超音波テキスト第2版

腹部超音波テキスト第2版 日超検 [ 関根智紀 ]

価格:8,140円
(2020/6/10 18:20時点)
感想(2件)


レジデント・臨床検査技師のためのはじめての超音波検査 1冊でわかる全科のエコーのポイント 第2版

【送料無料】 レジデント・臨床検査技師のためのはじめての超音波検査 1冊でわかる全科のエコーのポイント 第2版 / 森秀明 【本】

価格:8,250円
(2020/6/10 18:10時点)
感想(0件)


~自己紹介~

超音波検査士けんしん
 平成元年生まれのゆとり世代の臨床検査技師。
 趣味は陸上短距離、読書、温泉、特撮(特に平成仮面ライダー)。

 仕事では超音波検査したり検体検査したり労働組合したりしています。

 2018年に2回の受験を経て超音波検査士認定試験(消化器)に合格。2度受験した経験から、知識を覚えるための勉強や症例レポートの作成には仕事をしながらだと時間が作れなくてかなり苦労しました。

 そういった経験からこれから超音波検査を勉強したり超音波検査士を受験したりする人が労力や時間をかけずに勉強できるようにと考え、自分が勉強した際のノートや問題、受験の際に提出した超音波検査実績、最近気になるトピックを公開しています。

 超音波検査ができる人が増えたり、超音波検査士取得を目指す人同士がつながれるブログになればいいなと考えています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット