肺高血圧(PH)とは?

 肺動脈圧が上がり(25mmHg以上)、右心負荷が増大し、右心不全になる疾患

 心臓エコーで重症度判定や治療経過をみれる。※確定診断はカテ!

肺高血圧は4種類ある!

①肺動脈性のPH
 先天性心疾患、自己免疫疾患、門脈圧亢進
②左心疾患によるPH
 HFpEF、HFrEF、弁膜疾患
③肺疾患によるPH
④肺動脈閉塞によるPH
※多いのは①と②

心エコーでの肺動脈圧の推定方法とは?

 簡易ベルヌーイ式を用いて最大の三尖弁逆流速度(maxTRV)と下大静脈径(IVC)で求める。

推定肺動脈圧=4×(maxTRV)2+推定右房圧(※)

※IVC径を用いた推定右房圧

 IVC径正常20mm未満→+10mmHg
 IVC径拡大20mm以上、呼吸変動有→+15mmHg
 IVC径拡大20mm以上、呼吸変動無→+20mmHg

他に肺高血圧の診断に関する心臓エコー所見は?

①心室
 ・右室拡大 右室基部径/左室基部径>1.0
20211213_074449

 ・心室中隔扁平化 左室短軸長径/短軸短径>1.1
20211213_074502


②肺動脈
 ・肺動脈径>2.5
 ・拡張早期の肺動脈弁逆流速度(PRV)>2.2m/s
 ・右室流出路収縮期加速時間<105msec

③右房
 ・収縮末期の右房面積(4ch)>18㎝2

肺高血圧の重症度判定に必要な評価とは?

 まず前提として推定肺動脈圧は使えない!
 ※肺高血圧が続くと右心不全になり、心拍出量と肺動脈血流量が低下するので肺動脈圧は低下してしまうから!!

重症度判定にはこの2つの計測をメインに!

①右房面積
 低 18未満
 中 18〜26
 高 26以上

②心嚢液貯留の有無
 低 貯留(−)
 中 貯留(±)
 高 貯留(+)

その他の右室機能評価

 三尖弁輪収縮期移動距離(Mモード)
 三尖弁輪収縮期最大移動速度(S')(組織ドプラ)
 右室内腔面積変化率(シンプソン法っぽい)
 Tei Index

~自己紹介~

超音波検査士けんしん
 平成元年生まれのゆとり世代の臨床検査技師。
 趣味は陸上短距離、読書、温泉、特撮(特に平成仮面ライダー)。

 仕事では超音波検査したり検体検査したり労働組合したりしています。

 2018年に2回の受験を経て超音波検査士認定試験(消化器)に合格。2度受験した経験から、知識を覚えるための勉強や症例レポートの作成には仕事をしながらだと時間が作れなくてかなり苦労しました。

 そういった経験からこれから超音波検査を勉強したり超音波検査士を受験したりする人が労力や時間をかけずに勉強できるようにと考え、自分が勉強した際のノートや問題、受験の際に提出した超音波検査実績、最近気になるトピックを公開しています。

 超音波検査ができる人が増えたり、超音波検査士取得を目指す人同士がつながれるブログになればいいなと考えています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット